肩痛||名古屋市緑区の小島接骨院|土日祝営業

受付時間

小島接骨院 0528776200

instagram

肩痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩が痛くて挙がらない
  • ボールを投げると痛い
  • 夜、痛くて眠れない
  • 練習後のケアができていない

このような症状でお悩みの方は是非「名古屋市緑区・小島接骨院」の施術を体験してみてください。

肩痛とは?|名古屋市緑区 小島接骨院

ここではスポーツによる肩痛を紹介します。

スポーツによって起こる肩の痛みには多くの疾患があります。

代表的な疾患にインピンジメント症候群、ベネット損傷、SLAP損傷、腱板断裂などがあります。

投球などのオーバーヘッド動作で起こることが多いです。

肩痛を起こしやすいスポーツとして野球、バレーボール、バドミントン、水泳などが挙げられます。

肩痛の症状|名古屋市緑区 小島接骨院

スポーツ時の投球動作などで肩の痛みがあり、日常生活では影響がないことが多いです。

肩の痛みにより本来のパフォーマンスが発揮できず、成績の低下につながる可能性があります。痛みをかばってプレーを続ければ復帰の遅れにもつながります。

スポーツ時の肩痛を感じたら早めの治療が重要です。

肩痛の原因|名古屋市緑区 小島接骨院

オーバーユース(使い過ぎ)や柔軟性の低下など様々な要因があります。

しっかりとケアをしていても使い過ぎると肩関節に負担をかけ、筋肉や関節の疲労や損傷が起こりやすくなります。

筋肉や関節の柔軟性が低下する事により本来の正しい動きができなくなり肩関節に負担をかける原因になります。

特に投球などのオーバーヘッド動作では肩の柔軟性だけではなく体幹や股関節、足関節などの柔軟性も重要になります。投球動作は下肢・体幹からのエネルギーを上肢に伝える全身運動ですが、下肢の関節の柔軟性が低下するとエネルギー伝達が適切にされず、肩関節に過剰な負荷をかけることになります。

これらの要因が肩関節の不安定性を起こしたり、筋肉の付着部に損傷が起こり肩痛を引き起こします。

そして、負担の少ないフォームや適切なトレーニングを指導できていないことも原因になります。

肩痛を放置するとどうなるの?

肩痛を我慢してプレーをする、関節の柔軟性が低下した状態でプレーを続けるなどするとさらに痛みが増し、スポーツ時だけではなく日常生活にも影響を及ぼします。

肩が挙がりにくく洗濯物を干しづらい、シャンプーがしづらい、夜間痛があり睡眠が浅くなるなどの症状が見られるようになります。

プレー中に痛みや違和感が出たら、早めに治療することで早期のスポーツ復帰も可能です。

名古屋市緑区・小島接骨院 「肩痛」の施術|名古屋市緑区 小島接骨院

肩痛と言っても痛みが出る原因は様々です。まずは痛みを出している原因を見つけそれに応じた施術を行います。

そして名古屋市緑区・小島接骨院での施術は「骨盤・骨格調整」「筋・筋膜調整」により全身のバランスを整えることで、正しく負荷の少ない体の使い方を覚えさせ、特殊な電気治療器を用いて痛みにアプローチし、ストレッチや筋力トレーニングにより症状が出にくい体づくりを目指します。

「骨盤・骨格調整」

名古屋市緑区・小島接骨院の骨盤調整は『ボキボキ』『バキバキ』といった事は致しません。歪みの原因となっている筋肉を緩める事で骨を正しい位置に戻す矯正を行います。

日常生活でついた体の歪みを根本から改善します。

「筋・筋膜調整」

筋・筋膜調整は筋膜のつながりを使って筋肉を緩めていきます。筋肉本来の動きを出しながら、痛みの緩和や関節の動きを改善します。

「電気治療」

名古屋市緑区・小島接骨院、自慢の「ES5000」という電気治療器は痛みを抑制する効果が期待できます。一般的な低周波電気治療に比べ、様々な周波数の電気を組み合わせることでより深部までアプローチできるため、痛みを劇的に抑える効果が期待できます。

肩痛は早めの治療が重要です。

肩痛を放置してスポーツを続けると痛みが増しパフォーマンスの低下につながります。さらに、日常生活にも悪影響が出ます。このような状態になる前に名古屋市緑区・小島接骨院にご相談ください。

名古屋市緑区・小島接骨院では肩痛の改善はもちろん、症状が出にくい体づくりもしていきます。

お問い合わせ

小島接骨院

0528776200

小島接骨院 LINE

住所
〒458-0009
愛知県名古屋市緑区平手南1丁目217
アクセス
名古屋市営バス「篭山」から徒歩5分

受付時間