外側上顆炎||名古屋市緑区の小島接骨院|土日祝営業

受付時間

小島接骨院 0528776200

instagram

外側上顆炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肘の外側が痛い
  • 物を持つと痛い
  • パソコンのキーボードを打っていると肘が痛い
  • テニスをすると肘が痛い

このような症状でお悩みの方は是非「名古屋市緑区・小島接骨院・整骨院」の施術を体験してみてください。

外側上顆炎(テニス肘)とは?|名古屋市緑区 小島接骨院

テニス肘の正式名称を「外側上顆炎」と言います。

外側上顆は肘の外側にある出っ張った部分を言います。ここには手首を反らしたり、指を伸ばす時に使う筋肉が付着しています。

使い過ぎなど過度な負担がかかり続けると筋肉の変性や筋肉の付着部で炎症を起こし痛みが現れます。この外側上顆炎(テニス肘)は腕の筋肉をよく使うスポーツや、指や手首をよく動かす方に多く見られます。そのため、テニスをしている方だけではなく、家事など手の使い過ぎで発症することも多いです。

外側上顆炎(テニス肘)の症状|名古屋市緑区 小島接骨院

外側上顆炎(テニス肘)の主な症状は、物を持ち上げる、タオルを絞るなどの動作で肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。

外側上顆炎(テニス肘)の原因

外側上顆炎(テニス肘)はテニスを行なっている方に生じやすいためテニス肘と呼ばれます。

しかし、テニスをしていない方でも発症することはあります。

主に、加齢による腱の変性や使い過ぎによる腱の付着部での炎症が原因になります。

パソコンのキーボードを打つ動作や重い荷物を運ぶなどの動作でも発症することがあります。

外側上顆炎(テニス肘)を放っておくとどうなるの?|名古屋市緑区 小島接骨院

外側上顆炎(テニス肘)は軽症であれば安静により回復も早いですが、日常生活などでは手を使う場面が多い為、安静を保つのが難しくなります。「まだ大丈夫!」と放置していると症状が進行し、長引いてしまいます。

肘の外側に違和感を感じたらお早めに名古屋市緑区・小島接骨院・整骨院にご相談ください。

名古屋市緑区・小島接骨院・整骨院 『外側上顆炎(テニス肘)』の施術

外側上顆炎(テニス肘)は早めに治療していく事が大切です。痛みが軽いうちは肘をかばいながらも日常生活が送れてしまいますが、その間も症状は進行していきます。結果的に治療が遅れ、日常生活にも支障を来たします。

名古屋市緑区・小島接骨院・整骨院では肘のみの施術ではなく骨盤や肩甲骨の歪みもチェックし、治療していきます。

「骨盤・骨格調整」

名古屋市緑区・小島接骨院・整骨院では体の土台となる骨盤もチェックしていきます。

体の基礎、土台の部分が不安定な状態だと、そこから繋がる肘の方にも支障を来たします。

「ボキボキ」「バキバキ」といった事は致しません。歪みの原因になっている筋肉を緩めることで骨を正しい位置に戻す矯正を行います。

「筋・筋膜調整」

筋膜のつながりを使って筋肉を緩めていきます。痛みや運動制限の原因となる筋肉を緩めて、関節の可動域を広げます。

「メディセル」

名古屋市緑区・小島接骨院・整骨院では「メディセル」という機器を導入しています。「メディセル」は、『押す』のではなく『引く(吸引する)』ことで組織をリリースします。手技だけではアプローチ出来ない組織も緩めることができます。

「電気治療」

名古屋市緑区・小島接骨院・整骨院には痛みによく効く電気治療器を導入しています。一般的な低周波電気治療に比べると、痛みに直接アプローチできるため痛みの抑制に期待できます。

また、ストレッチと組み合わせて使うと、よりストレッチ効果が得られるものもあります。

「サポーター」

外側上顆炎(テニス肘)用のサポーターを装着することにより、痛みの軽減を期待できます。

名古屋市緑区・小島接骨院では外側上顆炎(テニス肘)による肘の痛みの改善はもちろん、症状が出にくい体づくりのためにトレーニングやストレッチの指導も行っています。

肘の痛みでお困りの方は是非一度「名古屋市緑区・小島接骨院・整骨院」にご相談下さい。

お問い合わせ

小島接骨院

0528776200

小島接骨院 LINE

住所
〒458-0009
愛知県名古屋市緑区平手南1丁目217
アクセス
名古屋市営バス「篭山」から徒歩5分

受付時間